率直にいうと、そうだね。

お伽は悲しそうな顔をしている。

お伽「そうですか・・・残念です。」

そういってお伽は立ち上がる。

「えっ、ちょっと待ってよ!」

反射的にお伽の手を掴む。

お伽「これ以上待つことも、話すこともないと思いますが。」

「わかった!友達!ね!」

お伽「ちんぽっぽ(*‘ω‘*)」

「わかんないです(><;)」

ルアー「・。・」

キーンコーンカーンコーン

「あっ!もうすぐお昼終わっちゃう!早く食べなきゃ!」

ルアー「ルアーさんはもう食べ終わりましたよ。」

お伽「お伽さんもです。」

「私だけ!?」

(よくわからないけど、友達が増えるのはいいことだよね・・・?イケメンだし。)

一章クリア!

  • 最終更新:2017-05-27 17:47:54

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード